Chatコネクト

そのアプリ、導入して大丈夫?比較と確認は忘れずに

増えてきた社内チャット

メールでのやり取りよりも簡潔に行なえる上に、機能が豊富!ということでチャットアプリへ移行する企業が増加中。しかし、それが必ずしも自社と適合するとは限りません。下記のことに注意しながら導入を検討しましょう。

導入前の気になる点

男の人と女の人

アクセスユーザーの数

チャットアプリでは、アクセスできる人数を制限しています。社内へチャットアプリの導入を検討するなら、まず企業の社員数とアクセスユーザー数を見合うかどうかの確認を。

ファイルの容量

業務に必要となるファイル添付が可能ですが、ファイルによってその容量は異なります。また、すぐダウンロードできたらいいのですが、そのまま放置されることも考え、保存可能期間にゆとりがあるものをおすすめします。

コストのボリューム

クラウド版のチャットアプリの場合、月額料金を支払うことで利用可能に。導入時に掛かる費用、いわばイニシャルコストと、これから利用する中でシステムに対し必要となるランニングコストと経費のバランスは大事。

確認はやっぱり大事

何か一つのシステムを導入するときには、長期的に活用するものとしてその中身を比較し、さらに確認に確認を重ねましょう。企業が大きければ大きいほどこの時間を掛けることをおすすめします。仮に、トラブルが生じても頼りになるサポートセンターがあるので安心ですが、現場で扱うものがころころ変わると戸惑いが生じてしまいます。

自由カスタマイズ機能に助かった!喜びの声、続々届く

連絡先を振り分けできる! (満足度 4/5点)

自社では、複数の部署に分かれているケースが多いもの。その部署ごとに、チャットアプリ内で組織振り分けができると、さらに細かなやり取りが行なえて本当に便利です!

どこの部署かひと目で分かる (満足度 5/5点)

シンプルなことですが、一人ひとりのユーザー情報を登録できるのはありがたいです。大規模な企業になるとそれは余計に・・どの部署に属しているか、などの情報が分かるだけでもプロジェクトメンバー振り分けに役立ちます。

これまでの手作業は何だったんだ? (満足度 5/5点)

人事担当をしています。異動や退職など、変更するべき情報に対して一つ一つ手作業で行なっていましたが、それに対し、CSVファイルから一括変更することが可能とは(泣)かなりの効率化です!

外国人社員とも連携とりやすい (満足度 5/5点)

自社内にはおりませんが、連携をとる外部にて外国人社員がいます。日本語のヒアリングやライティングは無論問題ないのですが、表記される言語が母国語だと使いやすいようでつくづく便利なものだなと感じましたよ。

利用の開始・停止 (満足度 4/5点)

プロジェクトの為に作られたアプリ内のグループは、不要になったときにいつでも利用停止することができるのは助かりますね。携わっているグループが多いと整理が大変で大変で・・

広告募集中