Chatコネクト

大きな違い、それを把握した上で選択

クラウドとパッケージ

スマートフォン

コスト

スマホやタブレットから活用できるチャットアプリを、大きく分けるとクラウド版とパッケージ板があります。双方の違いは一体どこにあるのでしょうか。第一にコストが違います。どちらが安いかと言うと断然クラウド版。導入するときの初期費用が掛からないケースも多いものです。

管理

クラウド版の場合、サーバーを自社内に設置する必要がありません。全てのデータをオンライン上で保管できるので、管理の仕方がそもそも異なります。
パッケージ版だとサーバーを設置し、自社内にシステム管理者をおかなくてはいけませんが、クラウド版にその必要がなくとても手軽なもの。

端末

パソコン端末でのみ活用が可能だったパッケージ版と異なり、スマホやタブレットなど、外へ持ち出せる端末からも活用できるのがクラウド版。使い勝手の良さからクラウド版を選ぶ企業が増えています。

利用範囲

クラウド版のチャットアプリは、社外にいようがどこからでもアプリをインストールしている者同士連携を取ることが可能。出張中であろうと、同時進行させているプロジェクトに支障を与えることなく円滑に進められるのはメリットの一つ。

安全性

これまで、クラウド版の方がセキュリティ度に欠けると思われがちでしたが、最近では情報漏えい防止の為に高セキュリティ機能が目立つようになりました。

一括管理の利便性

昨今、注目されているチャットアプリの中にはCSVにより、過去のアクセス履歴を確かめられるようになっています。過去に行なわれたやり取りの中から確認したいことは、手間が掛かることなくスムーズに見つけられるでしょう。

広告募集中